石井愛紗美の2018年

f:id:asmms33:20181231182357j:plain

クラウドファンディングの発送がおおかた終え、無事に大晦日を迎えることができました。
関東圏にご在住の方から、既に「リターン品を受け取った!」の報告をいただけて、とても胸いっぱいになっています。年末なので配送がけっこう混んでいるようです、関東圏以外にお住まいの方は、もうすこしお待ち下さいね!><(当初の予定では年内に発送予定だったのに、ギリギリの発送となってしまいました。これは反省点です。)

 

2018年は私にとって「独立」という一つの大きな節目の年となりました。
これまで仕事をしながら、隙間時間の中で絵を制作してまいりました。自分なりに独学を重ねて、アナログからデジタルに移行し、自分なりの線画の描き方・塗り方を研究してきました。
絵描きとしての独立を決意したとき、いままで制作した分のイラストも一つに集約して形にしたいと思い、クラウドファンディングを立ち上げました。画集という一冊を制作するとき、過去に完成させた絵を振り返る貴重な時間を得ることができました。

 画集の表紙絵「『ひとり』という名前の鳥」は「朝焼け」をテーマに、制作しました。新しい始まりを象徴する、曙の色です。11月の半月ほど時間をかけて描きました。制作の様子を、前の記事でも描いていました。

asamincp.hatenadiary.jp

新しい飛び立ちから2019年へ、来年はより猛進できるように。

今年もありがとうございました!来年は「届ける」をテーマに、活発に暴れていきたいと思っています。

集中力モンスター

f:id:asmms33:20181113131608j:plain

f:id:asmms33:20181113131620j:plain

f:id:asmms33:20181113131629j:plain

f:id:asmms33:20181113131634j:plain

 

描き始めは全然違う絵だったけど、わりとバシッと形がきまった絵。

丸一日かけて集中して描いても全然完成まで道のりは遠い、だから制作時間の中でどれだけ集中力を高めることができるかが勝負になる。いかに集中力モンスターになれるか。そしてまだ完成まで達成率40%くらい…。

上の絵はすべてiPadのアプリ「procreate」で描いています。自分で独自にブラシをカスタマイズして手書きに近いブラシで細かい線画を描いています。

 

 

f:id:asmms33:20181113133804p:plain

 

拡大して描くとアナログの実寸サイズよりもずっと大きく描いてしまう、その分時間ロスしてしまうので、拡大するサイズは一番配慮しなくてはいけない。全く同じ絵をアナログの紙に描いていたら、おそらくもう完成しているくらいだと思う。

 

新型iPadのおかげで格段に制作効率は上がっています。ペンのダブルタップでブラシと消しゴムの切り替えができるのが一番いい感じ。旧Apple pencilの方が重さもあるので、もう旧式には戻れなさそう…(°-°)

 

商用利用可!フリーイラスト素材サイト「illust recipe」を開設しました

f:id:asmms33:20181106142055j:plain

フリーイラスト素材屋の「illust recipe」を開設しました!10月から始めていたのですが、3日坊主で終わってしまったら嫌だなと思い、毎日描いて更新することを目標に試験的に回していました。11月に突入してからも継続しているので、こちらでもやっと発表できました( ﹡ˆ ˆ﹡ )

 

illust recipe

illust Recipe | ちょっと可愛い 雑誌みたいな線画イラスト素材のサイトです。

 

わたしが会社勤めしていた頃に「雑誌に掲載されているような線だけの可愛いイラストを集めているサイトないかなー」と捜していたのですが、なかなか合致する絵柄のサイトがありませんでした。「無いなら自分で作ってみようか!」ということで、シンプルな単体イラストばかり描き始めたのが始まりです。

 

 サイトのヘッダーは動物イラストなのですが、まだ更新数が足りていない「ビジネスマン」や「ウェディング系」のシーンに合わせたイラストを増やしていけたらなと思っています。

個人的には動物カテゴリーの中に入っている猫のイラストがお気に入りですが、使うシーンがあまり想定できていないというところが難点…(^ω^;)

f:id:asmms33:20181106143847j:plain

 

イラストは全てpng形式で、周辺を透過処理しています。こちらのサイトで取り扱っているイラストは全て商用・個人利用可能です。イラストを使用できる枚数は1つに対して15枚までとさせていただいております。そのほか、細かい規約などはサイト内にある利用規約をご確認いただければと思います。

サイト内には「リクエスト」ページもあります、必ず要望に応える!というものではなく、あくまで描くかもしれないというものになりますが、こちらからご連絡いただければ描かせていただくかもしれません。正式な依頼はお問い合わせページから受け付けております◡̈

 

ぜひ遊びに来てみてください❁

 

illust recipe

illust Recipe | ちょっと可愛い 雑誌みたいな線画イラスト素材のサイトです。

 

 

わたしの絵を刺繍にしていただきました!

 

eshisyu.com

 

E-刺繍工房さんのブログにて、わたしのブログを紹介いただきました( ﹡ˆoˆ﹡ )

「デジタルイラストを描けるようになって、刺繍に役立てたい」という生徒さんのご縁で、わたしが以前LINEスタンプで作成したイラストが刺繍になっています!ブログでも取り上げていただきありがとうございます。

✦元のイラスト

 

f:id:asmms33:20181002225955j:plain

 

f:id:asmms33:20181002230148j:plain

 

✦完成刺繍作品

 

f:id:asmms33:20181002151907j:plain


かわいい!ピンク糸の蛍光色がこれまたかわいいですな…♡ 

刺繍は糸の繋ぎ目など、特に難しいと伺っていたので、綺麗に完成されていてとても驚きました。嬉しや〜・:*+.*1/.:+

 

よくわたしの作品をSNS経由で「切り絵」にしていただくことはあったのですが、刺繍は今回が初めてでした。原則的に、わたしの作品はイラストの自作発言がなければ利用OKにしているのですが、完全に商用利用もOKなフリー素材コーナーも作れたらいいなぁと思ったりしてます…

 

*1: °ω°

procreateのお絵描き講座でやっていること

 

わたしはいま、お絵描き講座の先生というのも事業の一貫としてやっているのですが、どうしたら絵を書く時に全体像のバランスが取れるのか、あまり絵を描いてこなかった人にどうやって伝えられるのか考えていたところ…模写の手法をひとつやってみるのもありかな?と思って9月中に導入してみました。

 

グリッド線を用いた模写の方法

 

f:id:asmms33:20180923091547j:plain

1.写真を用意

 

f:id:asmms33:20180923091603j:plain

2.写真に枠線をひく(正方形のグリッド状のもの)、お絵描きキャンバスで枠線をひいたものを用意する

 

f:id:asmms33:20180923091610j:plain

3.写真を照らし合わせながら、パーツの位置を枠線を見ながら描いていく

ここがちょっと難しくて、グリッドの線に対して三分の一の位置にあるのか、二分の一(半分)の位置にあるのか、しっかり確認しながら描いていきます。

 

f:id:asmms33:20180923093037p:plain  f:id:asmms33:20180923093048p:plain 

f:id:asmms33:20180923093053p:plain

 位置を最初に印をつけて、だんだん線と線で繋いでいくイメージです。

 

f:id:asmms33:20180923091614j:plain

 

 絵をしっかり描くためには、やっぱりデッサンを何回もしたり、骨格や筋肉を理解するために標本や書籍を見て描く必要があります。ただ、いきなりデッサンやろう!となると抵抗ある人が多いように思えます。「観察眼」を鍛えるためには、デッサン以外にもパーツとパーツを比較しながらどの位置にあるのか見極めて描いていく作業も大事なのかなーと思い…このような模写の技法で絵を描くこともやってみたりしています。

 

別の回の、グリッド線で描いたタイムラプス。映画「ハリーポッター 」でマクゴナガル先生役もされていた、若き日のマギー・スミスさんです。生徒さんのリクエストにて(*^^*)

 

 

グリッド模写ではないのですが、厚塗り?のような、最初に半透明の色を置いたあとでしっかり輪郭を描いていったり。初めてprocreate使う人にも頑張って描いてもらってます!

 

絵を描くときは、最近はiPadで描くことが多いのですが、お絵描きアプリのprocreateを使用していると、タイムラプスが生成できるのも楽しみの一つ。動画のタイムラプスも、速さ変更くらいだったらiPad内でできてしまうので、最近はPCを開くのもphotoshopを使う時くらいになってるなぁ…👼

 

講座で解説しているお絵描きに関する知識やprocreateのことは、このブログでも雑書き程度にまとめていこうと思っています。